Blog

昭和スタイルのお風呂をシャワールームにリノベーション1

快適で浴室で、旅行の疲れもリフレッシュ!

と言いたいところですが、リノベ前のポルタノヴァのお風呂場は、使えたものではありませんでした。それをどのようにして作り上げていったのでしょう。その過程を紹介します。

 

PORTANOVAのお風呂は、元々は昭和スタイルのレトロなタイプでした。

1544491356695.jpg

壁の上半分がモルタル、下半分と床がタイルで、深めの浴槽がついています。

そして、タイルはバッキバキ・・・

このままでは、お客様に快適にご利用いただくどころか、使用することすら

難しい状態です。

そこで、大がかりなリノベーションを施すことにしました!!

 

まずは、業者さんにお願いした部分をご紹介。

① 浴槽を取り払う

② タイルをはがし、壁全面をモルタルで塗り直す

③ シャワーを新調する

この3つは、DIYでは難しいと判断し、プロにお願いすることにしました。

その途中経過がこちら。

1544491366666.jpg

浴槽を取り払った様子ですが、思った以上に豪快に壊されていて、

「これからどうなるんだ!?」と私も若干不安になりました(苦笑)。

ですが、そこはさすがプロ!!

次の確認ではここまで綺麗に修復されていました。

1544491403004.jpg1544491404358.jpg

そして、そこに新調したシャワーが取り付けられ・・・

1544491435668.jpg1544491441356.jpg

天井には新しい照明と換気扇も・・・

1544491437496.jpg

すっかり綺麗に生まれ変わりました!!

ここからは、私の出番。

モルタルのままでも無骨で良いのですが、PORTANOVAはお客様にご利用いただく宿泊施設。

より心地よい空間を目指し、DIYで壁や天井に塗料をペイントします!!

その様子は、こちらの記事へ。

宿の中・設備・備品   2018/12/11   host
≪ 佐賀駅からPORTA NOVAまでの道順案内  |  昭和スタイルのお風呂をシャワールームにリノベーション2 ≫