Blog

昭和スタイルのお風呂をシャワールームにリノベーション2

ポルタノヴァのシャワールームのリノベーションは、前半はプロにお願いして、後半はDIYで仕上げました。

その2です。

業者さんにお願いして、大がかりなリノベーションを施したPORTANOVAのお風呂。

今度は、モルタルそのままの壁や天井をペンキで綺麗に塗り直していきます。

塗り直すと言っても、下塗り剤と上塗り材を別々に塗ることすら知らなかった私、

はじめてのDIY。果たしてうまくいくのか・・・

お客様へのおもてなしの心を込めた、手作り感あふれるシャワールームということで、

大目に見ていただけたら幸いです。

 

ということで、まずは養生して下地材を塗り、乾いたら好みの色の塗料を塗っていきます。

何色を選んだのかは、完成後のお楽しみ。

1544491426504.jpg

こちらは、お湯の調節ボタン周辺。

養生してあるので、多少はみ出ても安心です。

養生には、ホームセンターで購入した養生テープとマスキングテープを使用しました。

 

1544491433857.jpg

天井や壁全体にも塗っていきます。

ムラにならないよう、丁寧に丁寧に・・・

 

 

壁や天井の全面に塗っていくのは、なかなかの大仕事です。

 

そして、完成したのがこちら!!

シャワールーム正面 1544491299233.jpg

before

1544491356695.jpg

 

after

APC_0095.jpg

1544491312028.jpg

 

すっかり綺麗に生まれ変わりました!!

着替えを入れるかごやすのこ、椅子、洗面器、シャワーカーテン、シャンプーなどを置くラックを設置して完成です。

椅子と洗面器は、日本人にはおなじみのケロリンを用意しました。

1544491328090.jpg

日本のお客様には懐かしさを、海外からのお客様には昭和レトロな日本の雰囲気を感じていただけたらと思います。

 

そして、完成までのお楽しみ!としていた壁や天井の色ですが、ご覧いただいたとおり、

清潔感あふれる真っ白な壁と、心やすらぐラベンダー色の天井にしました。

皆さまに快適なシャワータイムをお過ごしいただければと思っています。

宿の中・設備・備品   2018/12/11   host
≪ 昭和スタイルのお風呂をシャワールームにリノベーション1  |